アルバイト時代の経験

求人に応募

 初めてデータ入力の仕事を経験したのが、大学生のとき。求人募集の掲示を見てすぐに応募し、学内の学生であったことと、他にアルバイトをしていなかったため時間の制約があまりなく長時間働けることなどから、採用が決まり、すぐに働き始めました。

 他に何名が応募したのかわかりませんが、そのときに採用されたのは、どうやらわたしひとりのようでした。元々データ入力を担当していた人もいなかったようで、特に引き継ぎ等はありませんでした。

 勤務地であるその学部事務所が入った建物は、まだ新しく、建築学科のある学部らしく、とてもデザインの良い洒落た建物でした。(参考:宅建)事務所内は様々な部署に分かれており、わたしが配属された部署には、わたしの他、おそらく60歳を超えた男性がひとりいるのみでした。

 それほど大きな事務所ではないにも関わらず、他の部署の人たちとの交流はほとんどなく、主にその男性から業務内容を聞き、説明を受け、データ入力の仕事を開始しました。

初めてのデータ入力の仕事

  データの内容は、卒業生の個人情報、連絡先と卒業後の進路、勤務先や進学先の情報でした。どうやらオリジナルのシステムを新たに導入したばかりのようで、古いデータベースから、新しいデータベースへ情報を移すのがわたしの仕事のようでした。

 と言っても、古いデータベースの情報があまり正確ではなく、紙による名簿を見ながら情報の誤りを正す業務が主でした。時折、新しいシステムを開発した会社の営業担当者が様子をうかがいにやってくるのですが、その都度わたしの上司に当たる年配の男性が、前のシステムの方が良かったという愚痴のようなことを言っていたのを覚えています。

 その年配の男性は、新しいデータベースのシステムについて詳しくはないようで、システムについてわたしが何か質問をすると、その担当者に聞くようにと言うのでした。わたしもその頃は、パソコンや、一般的なソフトについて、全くと言って良いほど知識がありませんでした。

 このときのデータ入力の仕事では、数字の入力が多く、10キーの使用がほとんどでした。オリジナルのシステムへの入力でしたので、マイクロソフトのエクセルやアクセス等の知識がなくても、業務に支障はありませんでした。

勤務期間

 この場合、入力するデータ量が元々決まっていたので、その分のデータ入力が終わったらアルバイトも終了、という、長期ではないアルバイトでした。

 期間にすると、1年ほどでしょうか。給与も良く、好きな時間に働けて、通学している大学内の綺麗なオフィスということで、ずっと仕事を続けたいと願っていたのですが、入力するデータがなくなってしまうと、どうにも難しく、その願いは叶えられませんでした。

 その後も何度か問い合わせてみたのですが、担当者が変わってしまったこともあり、その職場に戻る機会には恵まれませんでした。

【バイト求人情報】

バイトル baitoru.com
 業界最大手のバイト情報サイト。
 各種コンテンツが豊富。

マイナビバイト baito.mynavi.jp
 データ入力特集ページ。
 オフィスワーク限定で検索

an(アン)エリア area-baito.weban.jp
 家、学校の近くで探す
 場所にこだわった求人情報。

【派遣求人情報】

アデコの人材派遣 haken.adecco.co.jp
 『今後もこの派遣元から働きたい』、
 『友人にすすめる』の2部門で1位

リクルートスタッフィング r-staffing.co.jp
 安心の福利厚生
 
多ジャンルの派遣の仕事情報。

キャリアラボ[フジスタッフ] fujistaff.com
 生活スタイルや希望にあわせた
 
派遣の仕事情報。