正社員時代の経験

求人に応募

 大学を卒業後、新卒採用で、フリーペーパーの編集職に就きました。その仕事を3年ほど経験した後、紙媒体ではなく、インターネットという媒体での経験を積みたいと思うようになり、コミュニティサイトを運営する会社に転職

 以前からそのサイトのファンであったわたしは、求人募集のページをチェックし続け、ライターの募集が出たそのときにすぐに応募しました。幸い筆記試験・面接をパスし、すぐに仕事を開始することに。創業間もない小さな会社なので、ライターとしての業務の他、イベントの企画・運営などの業務も兼任することになりました。

 主にそのイベント告知についてのライティングを行い、デザイナー、システムの関係者とのやりとりを経て、サイトアップ。サイトの更新や、イベント参加者とのやりとりを含めた運営全般を行っていました。そのイベントの企画・運営に関して発生する情報の管理が、データ入力の仕事として存在するのです。

 参加者連絡先や感想などの個人情報を、マイクロソフトのエクセルやアクセスにまとめ、集計します。

二度目のデータ入力の仕事

 正直、エクセルは前職で初めて触れ、たまに使っていた程度。アクセスについては全くの初心者でした。先輩から、実地訓練(OJT)で教えてもらいましたが、なかなかスムーズに使いこなせません。

 そこでわたしは、プライベートで空いた時間に、エクセルの講習会に参加することに決めました。初級編、応用編を計12時間ほど。その講習会に参加することで自信がつき、データ入力の仕事もさらにスピーディーに、さらに楽しくなりました。

 データを入力するだけではなく、エクセルの機能を使って集計し、そのデータを、営業ツールとして使うこともあります。自分自身もそのデータを元に原稿を書くこともありますし、営業の担当者に活用してもらうことも。そのときに、良い結果に結びついたがときなどは、わたしまでとても嬉しくなります。

 アルバイト時代とは違う、充実感が得られました。データ入力という仕事は、入力することに重きを置いた仕事と、そのデータを何かに使用することを前提とした仕事に、分けられると思います。ともに期日や正確さが求められるのは言うまでもありません。

 しかし、データ入力後の仕事内容や他担当者との関係性などは、そのどちらかによって違ってきます。あるプロジェクトのためにあるデータが必要で、そのためにこれだけのデータの入力が必要であり、そのデータ入力を責任を持ち担当する。そのプロジェクトが良い具合に進んだ後には、プロジェクトメンバーの一員としての達成感が、きっと得られるはずです。

勤務期間

 正社員なので、契約期間、そして更新はありませんでした。

  異動等の可能性はなきにしもあらずですが、基本的には、問題がない限り、正社員としての雇用は継続されます。このときのわたしの場合は、生活スタイルの変化等により、その後契約社員として仕事を行いました。

 その際のメリットとしては、自分の生活スタイルに合わせて仕事ができる、他企業からの仕事も請け負うことができるため、さらなるキャリアアップができるということです。

正社員のうちにクレジットカードを作成しておくこと

 正社員を辞めて、派遣やバイトとして働くにしても、個人事業主として働くにしても、クレジットカードは正社員のうちに1枚作っておきましょう。最近は正社員以外でもクレジットカードが作りやすくはなってきていますが、最も確実なのはやはり正社員という肩書きです。探す際は、クレジットカード選び@おすすめランキングはほぼ毎日更新されているのでおすすめです。

【バイト求人情報】

バイトル baitoru.com
 業界最大手のバイト情報サイト。
 各種コンテンツが豊富。

マイナビバイト baito.mynavi.jp
 データ入力特集ページ。
 オフィスワーク限定で検索

an(アン)エリア area-baito.weban.jp
 家、学校の近くで探す
 場所にこだわった求人情報。

【派遣求人情報】

アデコの人材派遣 haken.adecco.co.jp
 『今後もこの派遣元から働きたい』、
 『友人にすすめる』の2部門で1位

リクルートスタッフィング r-staffing.co.jp
 安心の福利厚生
 
多ジャンルの派遣の仕事情報。

キャリアラボ[フジスタッフ] fujistaff.com
 生活スタイルや希望にあわせた
 
派遣の仕事情報。