守秘義務について

最近の傾向

 個人情報保護法が施行され、守秘義務について厳しく管理する会社は多いです。

 アルバイト時代はまだ施行前であり、情報流出等の事故も少なかったため、問題視されていませんでしたが、昨今は、情報を取り扱う上で最も重要なルールのひとつです。

  各会社によって、内容に差はありますが、基本的なところを要約すると、主に、「業務で知り得た情報を外部に漏らさない」「情報の持ち出しの禁止」といった内容になります。 (家に持ち帰ってネットにつながったPCで仕事をしてはいけないという所もあります。)

正社員時代

 膨大な個人情報を管理していた正社員時代の会社では、ファイルのひとつひとつに、担当者しか知り得ないパスワードがかかっていました。

 また、添付などによりファイルを送受信することも、制限がありました。このように、厳しく管理を行う会社は増えています。

 そしてそれは、データ入力という、情報を扱う仕事に就く場合、知っておくべきことのひとつです。